名古屋美容師ナガタ

美容の話、読んだ本の話、遊びの話。

永田の頭がでかい

美容師を含む
ビューティシャンの多くが
 
下積み時代に
先輩方から
 
「休みの日に自分がサービスを受ける側になってきなさい。」
 
 
と教わるのではないだろうか。

 

 
普段 サービスを提供する側ばかりだと
見えないことも多い。
 
提供される側になってはじめて
見えてくるもの、発見があるよ。
 
という教え。
それに漏れず私も
 
同業 異業問わず
あらゆる場所場面で
「勉強させていただいている」
という気持ちを持って
 
休日を過ごしている。
(してないこともある。)
 
 
 
 
先日も
私服を買いに
 
流行の中心地的
某ファッションビルへ
出かけた際
大きな学びを得たので
共有したい。
 
 
 
 
 
ーーーーーーー
 
その日の私は
 
後輩の足立が
被っていた
キャスケットタイプの帽子の
恐ろしい程のハイセンスさに
圧倒され
 
近いイメージのものを
探していた。
 
 
 
 
 
私の頭は
ハチ周りが
いささか人より大きい。
 
 
専門店以外で
良いサイズのものが
見つかることはほぼ無い。
 
 
もとより
品質の良いものを
買うと決めていたので
 
迷わず
某ファッションビルの
帽子専門店に足を運んだ。
 
 
そのお店は
クラシカルで
お洒落な内装。
 
ジャンル問わず
様々な帽子、
幅広いサイズの
用意があった。
 
 
 
来店して10分も
しないうちに
近いイメージの帽子を
見つけることができた。
 
 
 
 
 
 
 
被ってみる。
 
 
 
 
 
 
 
入らない。
 
 
 
 
 
 
私の頭には
いささか小さい。
 
 
 
困っていると、
ニット帽のお兄さんが
声をかけてくれた。
 
ちょっと
アクアタイムズの
ボーカル(太志)に似ている。
 
 
 
 
 
「サイズ出しましょうか?」
 
「ありますか?…」
 
「探してきますね^^」
 
 
 
5分ぐらいだったろうか
同じタイプのサイズ違いを
持ってきてくれた。
 
 
 
小走りで取りに
行ってくれたため
少し息が上がって
若干テンションがさっきより
高い太志(仮)
 
 
 
「被って見て下さい⤴︎」
 
 
 
 
被ってみる。
 
 
 
 
 
 
 
お!!
 
 
 
 
 
 
「ぴったりです!!!!」
 
 
 
 
 
 
下手したら耳まですっぽりいける
くらい大きいのだが
内部の調整機能で
 
これまでにないフィット感。
 
(あ、これ買う。)
 
と決まった瞬間だった。
 
 
 
 
しかし、
 
 
 
 
 
この後私は
店員(太志)の言葉に
耳を疑う。
 
 
 
 
 
「いやー!!ですよねえ!!!
この店で一番デッカいサイズなんでえ!!!!」
 
 
 
お、おう
そうか…
 
 
 
 
 
 
 
 
「なかなかこんなデッカいサイズでないんで
探すのに時間かかっちゃいましたあ!!!!」
 
 
 
 
 
 
( ^∀^)
 
 
 
 
 
 
 
 
割と大きな声で
私の頭が いかに大きいかを
賞賛(?)し始める太志。
 
 
 
 
この日は祝日で
お店には多くのお客様。
 
その中心で
頭のデカさを晒される私。
 
 
恥ずかしさや怒りという
気持ちはなかったが
 
ここで買うのはやめよう
 
と退店を決意し
太志のもとを去った。
 
 
ーーーーーーーーー
 
 
サービスを提供する上で
お客様のパーソナルな情報を
確認することが必要な
こともある。
 
しかし
 
何事も限度があって、
必要以上に
踏み入込み
相手を傷つけないような
気配りが必要であると、
 
逆に勉強になった。
 
 
 
千の夜を越えて
今あなたに伝えたい。
 
 
 

◆Bee-ms藤が丘店◆

◆永田 隼己◆

◆ご予約はこちらから!◆

◆tel 052 726 9820

Instagram

ナガタホームページ

◆Bee-msアプリ【iPhoneの方】【Androidの方】