名古屋美容師ナガタ

美容師の日記

ポケカが何故ブームに

 

空前のポケモンカードブームが起きている。

新パックが発売となれば都内では行列ができるほどだという。

 

 

多くのブログ、コラムでその理由を以下のように説明されている。

 

  • 遊戯王を始めとするその他TCGの複雑化した環境に疲れたプレイヤーが流れてきた。
  • 有名youtuber もこうさんやライバロリさんに影響された視聴者が多かった。
  • 500円デッキの販売、レギュレーションの変更で参入しやすい環境だった
  • 広瀬すずが可愛い

f:id:kiihaya58:20181003132337j:plain

 

 

実際に

 

多くのTCGプレイヤーがポケカに流れ

youtuberたちはこぞって関連動画をあげ

売り場からはパックが消えた。

 

表面的な理由は箇条書きにした項目で正しいのだろう。

だがこのブームの根底、本質的な原因は他にあると私はにらんでいる。

 

 

 SNSの進化で我々現代人は他者とのコミュニケーションをネットワーク普及以前より、多く求められることになった。

ストレスとは人間関係からもたらされることがほとんどでそこから解放される時間が減った結果、現代人のストレスはもう、すんごいことに。(決して私の話では無い。)

 

慢性的に癒しと優しさが足りてないのだ。

ポケカにはそれらが詰まっている。

人々はそれに魅了され

蜜に誘われる蝶のように集まるのだ。

 

 

馴染みあるモンスターや人物たちが描かれたカードはレアリティや強さに関わらず美しく愛らしいので癒される(同名カードでもレアリティが上がると絵が変わってそれも楽しい)。

 

ルール上、必ず技名をコールしなければならない

「波動撃!!!!」

 そのため本当に相棒とともに

バトルをしているような感覚があり現実を忘れられる。

 

優しい。何もかもが優しいのだポケカは。

しかしこの駄ブログを読んだあなたはきっとこう思うだろう。

 

「人間関係に疲れるような大人がポケカは買わないでしょ」

 

もっともだ。あなたは正しい。

 

 

だが、本来「大人」に分類されるであろう

「おおきいおともだち」もカードに興じている現状がある。

 

ポケカの公式大会には

ジュニア シニア マスター 

と、年齢ごとの枠があるのだ。

 

 

一度だけ大会を除いたことがあるが

まぁまぁなおじさんが参加していた。

 

彼も社会に疲れ

ポケモンに癒された者の一人なのだろう

 

癒しを得た彼はやがて戦士として

戦うことを選んだということか。

 

このことからも

ポケカには疲弊した人間を

ソルジャーへと押し上げるほどの

魔性、魅力があることがお判りいただけただろう。

 

 

 

 

 

 

1連のブームの考察は以上だ。

私もこの波に乗りたいが

まずどこも品薄で手に入らない上

一緒にやってくれる友人はいないので

癒しは別のところで補うことにする。